かなたけの里公園(福岡市)
開園記念式典のご案内

福岡市「かなたけの里公園」の開園式典について、
公園副所長の松本様から情報提供いただきましたので、みなさまにご案内します。

ご案内(pdfファイル)
パンフレット(pdfファイル)

福岡市が整備を進めてきた「かなたけの里公園」が2012年6月10日の開園記念式典を持ちまして、オープンすることとなりました。弊社としましては、約10年前から地域とともに取り組んできた事業であり、管理においても関われることに、喜びやこれからの意気込みを持っているところです。

つきましては、6月10日に開園記念式典を10時より行い、11時からは一般の方も楽しめる特産品販売や、里山クラフト等を予定しております。
また、午後13時からは自由参加の田植えイベントを予定しています。

概要はご案内ファイルに掲載しておりますのでご覧ください。 また、公園や公の施設等で配布しているパンフレットもあわせてご覧き、お越しいただければ幸いです。

また、当日ご参加頂けない方も、今後は福岡市の「里」として魅力ある体験プログラムやイベントを実施・公園づくりを行っていきますので、是非ご都合のよい際にはご来園下さい。

それでは今後ともかなたけの里公園を宜しくお願い致します。

かなたけの里公園 指定管理者グループ 里の環(さとのわ)
松本和也
http://kanatakenosato.jp/

都市環境デザイン会議九州ブロック
「ゆふいんをふり返るセミナー」

都市環境デザイン会議(JUDI)は、1991年度に発足し、20周年を迎えます。 九州ブロックにおいても「九州らしい地域づくりと都市環境デザイン」をテーマに、 本年度、20周年記念事業に取り組む予定です。 本セミナーは、記念事業に先がけ、九州における「地域らしさ」を意識した先進事例として、 湯布院のまちづくりをふり返り、住民主体のまちづくりをベースとしながら 今後のルーラルエリアのまちづくりや観光を背景としたまちづくりのあり方について 議論したいと考えています。

ご案内(pdfファイル)

■日時:平成22年5月23日(日)15〜17時半
■場所:天神ビル11階7号会議室(福岡市中央区天神2丁目12番1号)
■定員:40名(要事前申込5/20まで)
■申込方法:
参加ご希望の方は、FAXまたはE-mailにて、「住所、氏名、所属・勤務先、電話番号、メールアドレス、セミナー・ 懇親会の参加の有無」を記入の上、5月20日(木)までに下記の問い合わせ先にお申し込みください。先着40名 とさせていただきます。
■申込み・問い合わせ先
 (株)環境デザイン機構(担当)福田 忠昭
 E-mail:judi-q◎or.tv(◎を@に変えてください)
 TEL:092-553-0560 FAX:092-553-0561
 〒815-0033 福岡市南区大橋2-2-1 マルイビル2階
■プログラム:
 15:00〜15:15 主旨説明
 15:15〜16:00 1980年代〜2000年頃の湯布院のまちづくり
            寺川重俊氏((有)寺川ムラまち研究所所長)
 16:00〜16:45 2000年頃〜現在の湯布院のまちづくり
            高尾忠志氏(九州大学大学院特任助教)
 16:45〜16:55 休憩
 16:55〜17:30 パネルディスカッション
            寺川重俊氏(前掲)
            高尾忠志氏(前掲)
            姫野由香氏(大分大学工学部助教)
            玉田孝二氏((株)都市環境研究所九州事務所顧問)
 17:30 終了


JUDI九州ブロック主催『第4回九州都市景観フォーラム』のお知らせ

今回の九州都市景観フォーラムは、都市空間の重要な要素である『メインストリートの都市デザイン』について議論します。各地で活躍する実務家・専門家、担当者の方々に有益な情報を提供できればと考えています。ふるってのご参加をお待ち致します。

フライヤー

■テーマ:『メインストリートの都市デザイン』
■開催日時:2010年1月25日(月)14:00〜17:00
■会場:福岡アジア美術館「あじびホール」
■主催:都市環境デザイン会議九州ブロック
■共催:福岡市
■後援:(財)福岡アジア都市研究所、九州産業大学景観研究センター、(社)日本建築家協会九州支部、NPO法人都市計画家協会福岡支部、WeLove天神協議会、博多まちづくり推進協議会、風景デザイン研究会
■定員・参加費:100名・参加無料
■講演者
鳴海邦碩氏(都市デザイナー、大阪大学名誉教授)
坂井 猛氏(九州大学教授・新キャンパス推進室副室長)
梶田佳孝氏(九州大学大学院工学研究院助教)
山下永子氏((財)福岡アジア都市研究所研究主査)
木本 博氏(WeLove天神協議会事務局次長)
■申込方法
参加ご希望の方は、FAXまたはE-mailにて、「住所、氏名、所属・勤務先、電話番号、メールアドレス、フォーラム・懇親会の参加の有無」を記入の上、1月21日(木)までに下記の問い合わせ先にお申込みください。先着100名とさせていただきます。
■申込み・問い合わせ先
合同会社G計画デザイン研究所 (担当)尾辻
E-mail:judi-q@or.tv  FAX:092-791-7661 TEL:092-791-7662
〒810-0041 福岡市中央区大名二丁目10-31-202

第5回土木学会景観・デザイン研究発表会とシンポジウムのお知らせ

本年12月に以下のような学会とシンポジウムを九州産業大学で行います。景観に関する全国的な集まりです。意義深い会になると思いますの で、お誘い合わせの上ご参加ください。

(1)第5回土木学会景観・デザイン研究発表会
日時:平成21年12月11日(金)-13日(日)
会場:九州産業大学
学会ポスター

(2)シンポジウム
日時:平成21年12月11日(金)15:00-
景観の形成・保全に,ひとはどこまでかかわるべきか─持続可能なデザインの追求
シンポジウムフライヤー

詳しくは学会のWEBをご覧ください。

ローラン・ネイ氏 講演会

ローラン・ネイ氏は、ベルギーの構造家ルネ・グレイシュ氏に師事し、現在はブリュッセルに「ネイ&パートナーズ(http://www.ney.be/en/default.htm)」を設立し、40名を越すスタッフと共に、多数の建築と土木構造物のプロジェクトを手がけています。

構造家でありながら意匠デザインも一貫して行っており、「誰もが直感的に構造原理を理解できるもの」「シンプル且つ美しいかたち」を可能なものとしています。

2008年11月12日、ネイ氏の活動を日本でも知ってほしいという想いから、東京大学工学部にて藤野陽三教授のご協力により、ネイ氏初の日本での講演会が行われました。
講演会リーフレット

そして今年の秋、再びネイ氏が来日し、通潤橋など、土木技術の古い歴史のある熊本で講演会を開催することとなりました。

日時:平成21年10月7日(水) 16:10-17:40(開場16:00)

会場:熊本大学工学部百周年記念館

詳しくはフライヤーをご覧ください。

事前配布資料:Freedom of form finding〜ローラン・ネイの思考〜(PDF)

主催:熊本大学工学部社会環境工学科景観デザイン研究室

お問い合わせ:景観デザイン研究室 星野裕司
tel/096-342-3602 e-mail/hoshino◎gpo.kumamoto-u.ac.jp(◎を@に変えてください)

土木学会全国大会(福岡大学)研究討論会
 景観・デザイン委員会
『風景立国九州に向けた土木デザインの仕組みづくり』

美しい国づくり政策大綱後、美しい九州づくりに向けて、九州地方整備局では風景立国九州に関わる施策を展開しています。その中で土木デザインに関わる仕組みづくりとして「景観形成管理システム」を平成19年度より運用しています。「景観形成管理システム」は景観形成のプロセスを引き継ぎ資料(通称「景観カルテ」と呼ぶ)として整理し、個別事業における整備方針の一貫性を確保するとともに、先進的な事例に関する情報等のノウハウの蓄積を目的としています。ここでは、景観アドバイザーや整備局の担当者らを交え、仕組みづくりと運用に関わる努力とその成果を振り返り、あわせて将来に向けた課題について意見交換する。

座長:小林一郎(熊本大学)

話題提供者:川口芳人(国土交通省九州地方整備局)

      竹下真治氏(国土交通省九州地方整備局)

      矢ケ部輝明氏((社)建設コンサルタンツ協会九州支部)

      星野裕司氏(熊本大学)

日時:平成21年9月3日(木) 13:00-15:00

会場:福岡大学A棟2階 A203号(V-6会場)

詳しくは土木学会全国大会HPホームページをご覧ください。
http://www.jsce.or.jp/taikai2009/

都市環境デザイン会議九州ブロック
 第3回九州都市景観フォーラム

都市環境デザイン会議主催の『第3回九州都市景観フォーラム』が開催されます。
今回のフォーラムでは、福岡市の都市軸ともいえる那珂川の河川景観や赤煉瓦文化館などの歴史的建物の保全など、具体の都市デザインや景観まちづくりについて議論します。
風景デザイン研究会は、第3回九州都市景観フォーラムを後援しています。

【開催日時】 平成21年年2月6日(金)14:00〜17:00 (懇親会18:00〜20:30)

【テーマ】 『歴史の継承×都市のシンボル×景観まちづくり』  詳細はこちら【PDF】

【場所】 福岡アジア美術館 「あじびホール」
      福岡市博多区下川端町3−1 リバレインセンタービル8階 【地図】

【参加者】 定員100名(参加費無料・要申込

【プログラム】

○シンポジウム
13:30〜  会場・受付
14:00〜  開会
14:05〜  基調講演 『これからの都市デザイン:アメニティからアフィニティへ』
       大阪産業大学人間環境学部生活環境学科教授 金澤成保氏
14:55〜  『那珂川の空間利用の変遷』
       NPO水辺都市福岡を創る会事務局長
       九州大学大学院工学府都市環境システム工学専攻博士後期課程 佐藤直之氏

○パネルディスカッション
15:25〜  『福岡の都市のかたちと歴史の継承』
       コーディネーター/九州産業大学工学部建築学科准教授 日高圭一郎氏
       パネリスト/ 大阪産業大学人間環境学部生活環境学科教授 金澤成保氏
              九州産業大学専任講師 頴原澄子氏
              佐保計画工房代表 佐保 肇氏
              九州大学工学研究院建設部門博士課程2年 佐藤直之氏
17:00〜  閉会

○懇親会
17:00〜  参加費4,000円 (会場未定、当日ご案内いたします)

【申込方法】
参加ご希望の方は、FAXまたはE-mailにて、「住所、氏名、所属・勤務先、電話番号、メールアドレス、フォーラム・懇親会の参加の有無」を記入の上、1月27日(火)までに下記の問い合わせ先にお申込みください。参加者は先着100名とさせていただきます。

【申込み・問合せ先】
〒812-0028
福岡市博多区須崎町5-10-201
株式会社 都市プラン九州 (担当:尾辻)
Mailjudi-q@or.tv
TEL:092-262-0825/FAX:092-262-0715