人材育成を目的として、行政職員や民間技術者、学生などを対象に、不定期に開催するサロン形式のミニ講 演会・ミニ見学会。@風景デザインに関する情報の提供、A風景デザインを議論する場の提供、B研究会会員相互の交流の促進を目指す。

 

 

■ 第47回風景デザインサロンのご案内(2018/5/26)

日仏文化的景観保全国際交流シンポジウム「災害と風景、営みの継承」

ワークショップ

 これまで草地の保全に取り組んできた阿蘇地域7市町村の草原景観が、平成29年10月に国の重要文化的景観に選定されました。文化的景観とは、自然環境、歴史、生活・生業の面から、地域らしい固有な風景を価値づけ、それらを保全・継承していくための仕組みです。しかし、阿蘇地域は、平成28年に起きた熊本地震により、いまなお復興の真っただ中にあります。今回のシンポジウムでは、日仏の景観や文化財、防災の専門家により、「災害と風景、営みの継承」について考えるものです。地域住民ばかりでなく、自治体職員の皆様、特に「景観」や「文化財」、「防災」とは関係ない、と思っておられる方々の参加をお待ちしております。なお本シンポジウムは、JSPS・CNRSの二国間交流事業共同研究/セミナー事業の一環として開催します。
 ※通訳あり

ご案内はこちら【PDF】

-------------
■日 時:
     平成30年5月26日(土)13:30-16:30(13:00受付開始)

■会 場:
     阿蘇草原保全活動センター 多目的会議室(熊本県阿蘇市小里656)
     ※アクセスはこちら

■参加費:
     無料

■プログラム:
      第1部 基調講演/60分
      「文化的景観の保全と持続可能な営み」
      講師:セルジュ=ブリフォー(フランス国立建築造園高等技術者養成学校ボルドー校 教授)

      第2部 パネルディスカッション/90分
      「災害からの復興と文化的景観の役割」
      登壇者:セルジュ=ブリフォー(前掲)
          シリル=マルラン(フランス国立建築造園高等技術者養成学校ボルドー校 准教授)
          鈴木地平 (文化庁文化財部記念物課 文化財調査官)
          星野裕司 (熊本大学くまもと水循環・減災研究教育センター 准教授)
          竹内裕希子(熊本大学先端科学研究部 准教授)

          コーディネーター:田中尚人(熊本大学熊本創生推進機構 准教授)

■お申し込み:
     下記申し込みフォームにご記入の上、5月23日(水)までに
     naotot●kumamoto-u.ac.jp(田中尚人:熊本大学熊本創生推進機構 准教授)
     までメールでお申し込み下さい。(●を@に変えて下さい)
   
    【参加申し込みフォーム】
     第47回風景デザインサロンに参加します。
      ・お名前 :
      ・ご所属:
      ・ご連絡先(E-mail等):

      *座席数60名

■お問合せ:
     田中尚人(熊本大学熊本創生推進機構 准教授)
     TEL&FAX:(096)342-2040
     e-mail:naotot●kumamoto-u.ac.jp(●を@に変えて下さい)

■主 催:
     熊本大学熊本創生推進機構

■共 催:
     風景デザイン研究会

■後 援:
     阿蘇世界文化遺産登録推進協議会・阿蘇郡市世界文化遺産登録事業推進協議会

■ 第46回風景デザインサロンのご案内(2018/1/15)

島谷幸宏先生と語る「風景の精神」

ワークショップ

 自然災害の激甚化から人口減少まで、現在の「風景デザイン」は劇的な変化にさらされています。このような大きな転換期には、風景デザインの根本に立ち返って議論することが必要です。今年度の土木学会デザイン賞では、氾濫原的湿地の再生とともに人と生き物のつながりの再生を実現した「アザメの瀬」が最優秀賞を受賞しました。そこで当サロンでは、その立役者で、風景デザイン研究会の会長でもある島谷幸宏先生に話題提供していただき、結果として現れる風景の背後にある「精神」について、深く議論したいと考えています。
※本行事は建設コンサルタンツ協会CPD制度の認定プログラムです。(1.83単位)

<講師紹介>
島谷幸宏氏(九州大学教授/風景デザイン研究会会長)
星野裕司氏(熊本大学准教授/風景デザイン研究会幹事)

ご案内はこちら【PDF】

-------------
■日 時:
     平成30年1月15日(月)19:00-21:00(18:30受付開始)

■会 場:
     松楠居(福岡市中央区大名2-1-16)
     ※アクセスはこちら

■参加費:
     風景デザイン研究会会員:無料
     非会員・一般:1000円
     非会員・学生500円
     *当日会場受付で入会可能です。

■プログラム:
      19:00 開会
      19:00-20:20 島谷×星野 インタビュートーク
      20:20-20:50 フロアディスカッション
      21:00 閉会
      *閉会後、会場近くで懇親会(会費制)を予定

■お申し込み:
     下記申し込みフォームにご記入の上、1月9日(火)までに
     info●fukei-design.jp(風景デザイン研究会事務局・石橋)
     までメールでお申し込み下さい。(●を@に変えて下さい)
     
    【参加申し込みフォーム】
     第46回風景デザインサロンに参加します。
      ・お名前 :
      ・ご所属:
      ・ご連絡先(E-mail等):
      ・風景デザイン研究会の会員/非会員:
      ・懇親会の参加/不参加:

      *定員40名程度(先着順)
      *Facebookでの「参加表明」はお申し込みにはなりません。
       必ずメールでのお申し込みをお願いいたします。

■お問合せ:
     風景デザイン研究会事務局・石橋
     info●fukei-design.jp(●を@に変えて下さい)

■CPDプログラム
      本行事は建設コンサルタンツ協会CPD制度の認定プログラムです。(1.83単位)

■主 催:
     風景デザイン研究会

【これまでの開催内容】

2010.12.17 第20回風景デザインサロン・レポート
九州の暮らし創造研究所代表の吉田まりえさんによる体験型講座を開催しました。市民参加の考え方、まちづくりワークショップ等の企画・運営を担うための基本的なファシリテーションの基礎知識を伝え、現場で役に立つ技術の一つ「ファシリテーション・グラフィックの基礎」の研修を行いました。

2010.12.15 第19回風景デザインサロン・レポート
第19回風景デザインサロン「地域自治と風景」を,由布院にて開催いたしました。伊藤洋典氏の基調講演の後、パネルディスカッションでは会場を交えながら活発な議論が行われました。

2010.11.11 第18回風景デザインサロン・レポート
第18回風景デザインサロン「構造デザインの可能性」を開催いたしました。ローラン・ネイ氏の基調講演ならびに渡邉竜一氏の話題提供がなされたのち、両氏に小林一郎氏と中村聖三氏を加え、星野裕司氏によるコーディネートのもと、「構造デザインの可能性」についてパネルディスカッションがおこなわれました。

2010.10.12 第17回風景デザインサロン・レポート
東京工業大学教授の桑子敏雄氏より「空間の履歴と風景」と題して基調講演が行われました。講演後、桑子氏と島谷幸宏氏による九州の風景を題材にした対談がおこなわれました。

2010.09.22 第16回風景デザインサロン・レポート
哲学者である内山先生により「地域共同体とは」というテーマで講演がなされた。講演後、九州大学の高尾先生より「風景づくりにおいて地域共同体とどう向き合うのか」との問題提起がなされ、「共同体から地域の風景を考える」というテーマでパネリストと聴講者によるディスカッションを行った。

2010.08.20-08.21 第15回風景デザインサロン・レポート
川辺川ダム建設計画に伴う頭地代替地である「子守唄の里」の計画・設計に長年携わられてきた徳永哲氏ほかの方々に、「子守唄の里・五木村再生の取り組みと、頭地代替地のランドスケープ計画・設計」というテーマで講演をしていただきました。また、2日目には五木村の奥地村落をめぐりました。

2010.07.03 第14回風景デザインサロン・レポート
首都大学東京 都市環境学部の羽貝正美教授ほかの方々に「白糸台地の風景形成メカニズムを考える」というテーマで講演をしていただきました。

2009.01.30 第13回風景デザインサロン・レポート
教科書『風景のとらえ方・つくり方-九州実践編-』を題材に、熊本大学の小林一郎先生に制作秘話や教科書 の中身を更に一歩踏み込んでお話しして頂きました。教科書作成中の苦労話など、こ こでしか聞けない話もあり、楽しい勉強会でした。

2008.12.22 第12回風景デザインサロン・レポート
九州大学大学院工学研究院 学術研究員の高尾忠志氏が博士論文としてまとめた、市民との協働によ る地場のデザインの実現プロセスについて発表して頂きました。豊田市児ノ口公園、那覇市壺屋やちむん通り、日南市油津におけるデザイン事例はとても興味深 い内容で、発表後、参加者からは活発な質問・感想・意見がありました。

2008.11.19 第11回風景デザインサロン・レポート
西日本技術開発株式会社の木寺佐和記氏、前田秀喜氏、林真希子氏に「建設コンサルタントと景観デザイン その2(前原停車場線景観整備プロジェクトで学んだこととその後)」というテーマで講演をしていただきました。

2008.10.20 第10回風景デザインサロン・レポート
株式会社 建設技術研究所 九州支社の矢ヶ部 輝明氏に 「建設コンサルタントと景観デザイン」というテーマで講演をしていただきました。

2008.09.24 第9回風景デザインサロン・レポート
いであ株式会社九州支店の遠藤敏行氏から「デザイン・コラボレーション−松江・岸公園と宿毛・河戸堰及び松田川親水公園を題材として」というテーマで講演をしていただきました。

2008.08.22 第8回風景デザインサロン・レポート
九州大学大学院芸術工学研究院助教の福島綾子先生から「文化的景観と九州の風景」というテーマで講演をしていただきました。

2008.07.26 第7回風景デザインサロン・レポート
九州大学大学院准教授の樋口明彦先生から「九州の風景が持つ可能性」というテーマで講演をしていただきました。

2008.03.04 第6回風景デザインサロン・レポート
株式会社アーバンデザインコンサルタント代表取締役社 長十時裕氏から「市民ワークショップのテクニック」というテーマで講演をしていただきました。

2008.01.25 第5回風景デザインサロン・レポート
イゴス色彩環境研究所所長の山口ひろこ氏から「日南市における市民参加の色彩ガイドラインづくり」というテーマで講演をしていただきました。

2007.12.20 第4回風景デザインサロン・レポート
株式会社建設技術センター技術第1部 長武末博伸氏から「朧大橋の景観設計で考えたこと」というテーマで講演をしていただきました。

2007.11.30 第3回風景デザインサロン・レポート
九州地方整備局企画部の川口芳人氏から「景観形成管理システムの現状」に関して講演をしていただきました。

2007.10.26 第2回風景デザインサロン・レポート
株式会社ST環境設計研究所取締役社長 徳永哲氏から「景観デザインやまちづくりに関わる仕事」というテーマで講演をしていただきました。

2007.09.26 第1回風景デザインサロン・レポート
熊本大学大学院星野裕司准教授から、「場所の見方・捉え方とデザインの方向づけ」というテーマで講演をしていただきました。

▲スケジュールにもどる